華蔵寺公園遊園地

夢ふくらむ町 伊勢崎

伊勢崎市は今年3月、伊勢崎市まち・ひと・しごと創生総合戦略を策定。目指す将来像に、第2次総合計画と共通の「夢ふくらみ 安心して暮らせる 元気都市 いせさき」を掲げた。2015年度~19年度に取り組む総合戦略事業により、雇用創出、人材育成、子育て支援、観光振興による交流人口の増加などに取り組んでいく。

伊勢崎市

市長メッセージ 伊勢崎市長 五十嵐 清隆

五十嵐清隆市長

将来にわたって元気で活力のある都市を目指して

本市は、人口が継続的に増加している元気な都市です。今後も、すべての市民が夢と希望を持って暮らせるよう、もっと元気で、もっと豊かで、もっと安全な伊勢崎市を築いてまいりたいと考えております。

人がやさしく、 子育てしやすいまち

瀬川さんご一家

瀬川 岬太さん(28)
   栄美さん(35)

桐生市出身の瀬川岬太さん、埼玉県深谷市出身の栄美さんは、結婚をきっかけに伊勢崎市に住み始め、禾藏[かぐら]くん(1)、纏以[まとい]くん(0)の2人の男の子に恵まれました。

岬太さんは、転入当初から地域の運動会やお祭りなどの行事に積極的に参加。「優しくてエネルギーあふれる人がいっぱいで、すごくいい地域です」と話します。栄美さんは、長男の育休後、復職のため保育園を探しました。「地元ではないので、何も情報が分からなくて心配でしたが、保育園の先生方が親身になって接してくれて、本当によかった。また、市内で小児夜閤診療を受けられる病院がある程度決まっているので、緊急のときも安心です」と、子育てしやすい環境があると話してくれました。伊勢崎市の好きなところは、今年初めて家族で見た「いせさき花火大会」。音楽に合わせて打ち上げられる見事な花火に、禾藏くんも大喜び。とてもよい思い出になったそうです。

安心して 暮らせるまち

佐伯さんご一家

佐伯 泰彦さん(39)
   静絵さん(42)

佐伯泰彦さんは、大学進学と同時に伊勢崎市に住み始めました。静絵さんは北海道出身で、結婚を機に伊勢崎市に転入。現在は、穂花[ほのか]さん(12)、胡春[こはる]さん(9)、凌麻[りょうま]くん(8)の3人の子どもに恵まれ、泰彦さんは野球、穂花さんと胡春さんはミニバレー、凌麻くんは少年野球に取リ組む、スポーツが大好きなご家族です。

伊勢崎市の住みやすいところについて、泰彦さんは「大きな地震や洪水などの自然災害が比較的少ない」こと、静絵さんは「医院や病院がたくさんあって、受診しやすい」ことと答え、安心して暮らせるところが住みやすさにつながっていると話します。また、泰彦さんは、「市民のもり公園や子供のもり公園など、子どもと一緒に過ごせる良い公園があり、子どもを育てるのにぴったリ。次の世代の子どもたちが伊勢崎市にずっと住むことができるよう、どの都市よリも.住み やすいまちにしてほしい」と期待を寄せてくれました。