ジャンプス就職 ガイドキャンペーン 合同企業説明会

来春卒業予定の学生を対象にしたジャンプス就職ガイドキャンペーン(上毛新聞社主催)の合同企業説明会が2日、前橋市のホテルラシーネ新前橋で開かれた。

「志望動機対策講座~企業が見ている志望動機のポイントとは」と題したセミナーの講師を務めた、就業教育家の佐々木直人さんにセミナーに参加した学生の印象を聞くと、「反応を見ていると、講師の意図を理解している学生が多くて思っていたよりもレベルの高さを感じた」と話し、「ここ数年は文章や言葉を知らない学生も多く、就活よりも前に表現力向上の必要性を感じることもある」と全国的な学生の傾向を漏らした。

説明会に参加したある企業の担当者は、「ある程度の将来像ができている学生が多いように感じるが、就職についてきちんと考えられていない人も見受けられた」と学生の考え方にまだ温度差があることを指摘した。

学生側からは、「実際の仕事内容がわかり参考になった」「ネットの情報にないことが直接聞け、質問もできて良かった」といった声が上がった。