働きがい4社が説明 前橋国際大で「シゴトーク」

 学生に企業の魅力を伝え、県内就職を促す「県内企業と大学生の交流会~ぐんま若者シゴトーク」が8日、前橋市の共愛学園前橋国際大で開かれた。同大1年生約50人と企業の採用担当者らが、各業界の概要や働きがいなどについて話し合った。

 桐生信用金庫(桐生市)、群馬セキスイハイム(前橋市)、総合PR(同市)、フレッセイ(同市)が参加。企業担当者は就職活動に生かせる学生生活について「興味のあること、今しかできないことに取り組んで」などと助言した。

 諸岡里南さん(19)は「身近な企業の新たな一面や、初めて知った企業が暮らしと密接に関わっていることを知ることができた」と話した。

 同大と上毛新聞社が主催し、県が協力して実施した。次回は13日に上武大伊勢崎キャンパスで開催する。