湯に育まれ
人がめぐるまち 草津

標高約1200メートルに位置する草津町は古くから日本三名泉に数えられる温泉を中心に夏は避暑、冬はウインタースポーツに全国から多くの観光客が訪れる観光の町。自然環境に恵まれた中での子育て、観光業を支えるおもてなしの心に導かれ若い力が集い、活気とエネルギーが湧き出ている。

草津町

町長あいさつ

草津町長
黒岩 信忠

草津町の個性と魅力は、平安末期から800年以上の時を経て築き上げられ、その中心には常に「湯畑」の存在があります。豊富な温泉がこんこんと湧き出し、湯治客や観光客を癒し続けてきた「湯畑』の価値は、今もなお衰えることなく日本の温泉観光地のシンボルとして鎮座しております。

そして、2015年12月に発表された「プロが選ぶ8本の温泉地100選」では、『13年連続1位』という、他では類を見ない偉業を成し遂げ、年間300万人を超えるお客様がお越しになる唯一無二の温泉観光リゾートとして、その地位を築き上げてきました。

このブランドカに加え、付加価値の高い魅力あるまちづくりを絶え問なく行うことにより、温泉街には「浴衣姿のにぎわい」と「活気」が生まれております。

こうして得た財源を子育て支援や定住施策など様々な行政サービスに充てながら、魅力あるまちづくりに取り組んでおります。

子育て施策 ~子育てや定住施策~
  • 高原のさわやかな風を浴びて、伸び伸びと育児を。
    ベルツ保育園解説(保育園と幼稚園の併設施設)
    保育園では、平日午後7時までの延長保育に加え、土曜保育も。
    もちろん待機児童はありません。
    3歳未満児の保育料軽減(第3子以降の3歳未満児の保育料免除)
    第2子以降の保育料軽減
  • 小中学生は草津国際スキー場のシーズン券が無料で配布される。
  • 小学校や中学校の給食費の補助(1/3)

  • 遠距離通学費の通学費補助(一部地域)
  • 中学校入学時の制服全額又は半額補助
    (2017年入学者は全額、それ以降は半額補助)
  • 高校生等就学費補助(20.000円/年)
  • 町内巡回バス(100/円)
    (町内を3路線に分け運行)
  • こども医療費の無料(中学卒業まで)
  • 大滝乃湯、西の河原露天風呂、御座之湯の利用料が半額に。
    また、町内には共同湯も。

草津ナウリゾートホテル
河村 泉さん(23)

学生時代、豊かな自然環境の中で働くのが夢でした。4月の入社以来、ゆとりのある日々の中で、ベルガールとして一歩ずつ前に進んでいます。お客さまに適切なご案内ができるよう、日頃から温泉街を歩き回り、自分でも実際に体験し、引き出しを増やすように心掛けているところ。お客さまから「お勧めの場所に行ったら、楽しかったよ」と言われたり、自分の名前を覚えていただけたりするのは、うれしいことです。草津は温泉街だけでなく、大自然や数々のイベントなど見所が目白押し。お客さまのご要望を先回りして案内できるようなホテルウーマンを目指しています。

■草津ナウリゾートホテル 0279-88-5111
http://www.kusatsu-now.co.jp

ホテル一井
山田 悠さん(29)
山田 加代子さん(28)

「広い空の下で働くのが自分に合っている」という気持ちを抱き、就職先を決めました。特に仕事が休みのときなど、時間がゆっくりと流れる感覚が味わえ、幸せだと感じています。入社以来、総務人事課に所属し、採用や教育に携わってきました。従業員が幸せであってこそ顧客満足度の高い仕事ができるという考えから、職場の環境づくりにも力を入れています。一井の特徴である歴史と伝統を生かしたブランドカ向上にも取り組んでいきたい。同僚でもある妻と5月に社内結婚しました。たまに休日が合うときは、軽井沢までドライブし、ショッピングを楽しみます。

■ホテル一井 0279-88-0011
http://www.hotel-ichii.co.jp

草津高原ゴルフ場
佐藤 実奈美さん(31)

「3年で戻る」という親との約束のもと、青森から草津町内の旅館に就職。町内で自営業を営む男性と知り合い結婚したことで人生は大きく変わりました。旅館で仲居として働いた接客経験を生かし、ゴルフ場では案内係として、お客さまが気持ちよくプレーできるよう心掛けています。自然の中でリラックスしながら働ける環境は貴重で、将来、子どもが生まれてからも続けていきたいですね。知識と技術を身につけ接客に役立てようと、職場の仲問とゴルフの練習場通いも始めました。毎晩、義母と一緒に温泉に通うのが大きな楽しみとなっています。

■草津高原ゴルフ場 0279-88-8072
http://kusatsugolf.com

ベルツ保育園
岡田 妃絵さん(23)

自分が幼稚園の頃、担任の先生に憧れ、幼稚園教諭か保育士を目指してきました。大学時代は寮生活を送りましたが、家族のありがたみを実感し、草津での就職を決意。ベルツ保育園は、1歳5カ月児から受け入れ120人ほどの子どもたちがいます。両親の多くは観光関係で働いている人たちで、この仕事が地元の活性化にもー役買っているのだと考え、やりがいを持って毎日取り組んでいるところです。今までできなかったことができるようになる。そんな子どもたちの成長に寄り添えるのが、この仕事の面白いところです。

■ベルツ保育園 0279-88-3289
http://www.gunma-hokyou.com/page.php?eid=419

ベルツ保育園
川島 奈々さん(21)

家族と一緒に暮らすのが好き、そして自然が墾かで、人柄のあたたかい人の多い草津で暮らしていたいと思い、短大時代の一人暮らしを経て地元草津で就職しました。4歳児を中心に幅広く担当していますが、この年齢の子どもたちは1歳異なるだけで成長度合いもまるで異なり、そこが難しくも面白いところです。子どもたちと一緒に給食やおやつも楽しんでいます。今は仕事を覚えるのに毎日精一杯ですが、小さい頃からの夢だった保育士という仕事をずっと続けていけたら幸せです。

■ベルツ保育園 0279-88-3289
http://www.gunma-hokyou.com/page.php?eid=419

ザスパ草津チャレンジャーズ
藤井 惇さん(24)

抜群の環境の中、大好きなサッカーに打ち込めるのは幸せです。入団から5年、少しずつ自信ができ、もっと上のステージに進みたいという意欲も生まれてきました。午前中は草津こまくさ病院、午後はサッカーの練習、タ方からは大滝乃湯で働いています。練習の後の温泉は明日への活力です。チームはもちろん職場でもいろいろな経験を積み、入団当初から比べると大きく成長できたと実感しています。今年はキャプテンとなり、関東リーグヘの昇格を目指して心を一つにして頑張っているところ。夢は大きく、プロ昇格と日本代表です。

■ザスパ草津チャレンジャーズ
http://thespa.co.jp (草津温泉フットボールクラブ)