大勢の人が触れ合い、 藤岡市の交流拠点となっているららん藤岡。 夏は爽やかな噴水が暑さを忘れさせ、 冬はイルミネーションが夜を彩り(写真右)、 幻想的な雰囲気を味わえる。 イルミネーションは1月末まで

藤岡市

高速道路網充実 「群馬の玄関口」

「群馬の玄関口」として高速道路網が充実する藤岡市。豊かな自然に囲まれ、田舎暮らしを楽しめる一方、東京まで約1時間で行くこともできる。地域医療を担う公立藤岡総合病院が昨年新たなスタートを切り、医療サービスが充実するなど生活していく上でも市の魅力はますます上がっている。

定住支援事業
  • 第3子以降の保育料無料
  • 託児付きレディース検診
  • 誕生記念樹の贈呈
  • 子育て応援券
  • 遠距離児童・生徒の通学費補助
  • 空き家バンク制度
  • 多世代ファミリーの同居支援増改築費の補助

山の仕事をつなぐ

今井 陽樹[ひのき]さん(32)

プロのスノーボーダーを目指して20歳の時にカナダに渡った今井陽樹さん。その自然に触れ「山の仕事がしたい」と、帰国後は林業に職を求めた。ハローワークで見つけた多野東部森林組合の職員となり、2010年妻と共に藤岡市に移り住んだ。「藤岡は山仕事をするには最高の場所。山が近く、街暮らしもできる」と話す。

植え付け、下草刈り、枝打ち、間伐、伐採と組合の仕事に打ち込むうち、出合ったのがチェーンソーを使っての伐木競技。14年の第1回日本伐木チャンピオンシップに出場し、2位となり、世界大会の日本代表メンバー入りした。

一昨年7月、市内の古民家を購入し暮らし始めた。昨年11月には2人目の子どもが生まれた。「生活の中で大切にしているのは『食』。藤岡は食と子育てに良い環境がある」と満足そうに話す。

サラリーマンを辞め独立し、樹上特殊伐採や森林整備を行う「ひのきや」を16年7月立ち上げ、今年1月から本格始動した。「今は競技が生活の中心。自分自身の技術向上だけでなく、次世代への技術伝承にもつなげ、山の仕事を社会に発信したい」と前を見据える。