高崎市

富岡賢治高崎市長に聞く

―高齢者福祉に対する基本的な考え方は 高崎のビジネスを盛んにし、それをてこに高齢者福祉や子育て環境、医療、教育などの充実を図ろうと考えています。同時に、企業誘致にとっても福祉や教育の充実はとても重要。企業は進出地を選ぷ際の判断材料にしているからです。 二つ目は、全国的に高齢者を行政窓口に「来させる」形になっていますが、高齢者にとっては大変。そこで行政が「高齢者を待つ」から「出向く」形へと転換しています。そして三つ目は高齢者を大事にし、安心して暮らせる地域社会にしていくことで、若い人たちにも安心惑を持ってもらえるようになると思います。

―「高齢者あんしんセンター」が高齢者のもとへ出向く拠点となっています。 本来は「地域包括支援センター」という名称です。全国の仕組みに従うと高崎市は9地域に分けて9つのセンターを作るということになりますが、出向くにはきめ細かくする必要があり、28カ所にあんしんセンターを設置しています。全国48の中核市で2番目に多い数です。 独り暮らし高齢者を訪問して様子をうかがったり、いろいろな相談に応えるために訪問できる態勢にしています。

―1日3食の配食サービス、介護する家族の負担を軽減する「介護SOS」事業など、独自の取り組みが目立ちます。 以前は30年以上も昼食1回だけの配食でしたが、毎日3回きちんと食事をできるようにと始めました。食事は、一人一人味付けなどに好みがあるので、配食サービスの業者を選べるようにと取り組んでいます。手間はかかりますが、高齢者に充足感を満たしてもらいたいと思っています。 また、介護疲れによる家庭崩壊を防ぎたいですね。介護していた妻が倒れ、夫が仕事を辞めざるを得ないといったケースがあるので、家族の負担を軽減したいと考えています。急な用事にも、電話一本で排せつから食事の世話まで対応できる人を派遣するシステムを作ったはか、たまには介護から離れ、温泉などで心と体を休めることができるように、被介護者を預かる仕組みも整えました。介護専門家付き付きホテルといったところでしょうか。

―いずれも実態に即した事業ということですね。 高齢者の生活実態をよく見ることが大事だと思っています。お年寄りの姿をよく見ていると、気づく問題点が出てくるのでそれに対応する施策に取り組んでいくことになります。 30、40歳代の人が、自分の父母が高齢になって将米どうなるのかと、不安になることがあると思います。その不安を解決していこうという考えです。

―高齢者の問題の一つに社会とのつながりが希薄になりがちということもあるようです。 これはなかなか難しい問題ですが、お年寄りがお茶を飲みながら、いろいろな人と雑談できる「サロン」を市内にたくさん作ろうと取り組んでいます。 市社会福祉協議会が主体となっている335ヵ所への支援のほか、本年度から一般家庭や企業など、部屋を提供してくれるボランティアを頼りに高齢者の居場所づくり事業をスタートさせました。互いに支え合って協力してくれる市民がいるので、大変ありがたいですね。

―今後の取り組みについては。 年金も昔ほど期待できないこともあり、仕事を辞めた後の生活に不安を抱えている人が多いようです。暮らしやすい社会をつくるには、やはり地域の支え合いが大切なので、行政は地域の支え合いが広がっていくよう、充実した施策で支えていきたいと考えています。