ものづくりだけじゃない! アートに人集うまち

中島飛行機以来のものづくりの伝統を誇る太田市。だが、市の魅力はこればかりではない。太田市美術館・図書館や市民会館などが完成し、文化やアートの情報発信拠点として期待される。市役所で開いているロビーコンサートは500回を超えた。子育て支援に向け面接会や放課後の児童を預かる「こどもプラッツ」などが充実。4月9日からスクールバスの空き時間を活用した無料路線バスが運行を開始する。モノばかりでなく、コトづくりにも市民の力が結集する。

太田市

市長メッセージ

『太田市美術館・図書館』

は人気だ。予想を大きく超える入場者がある。駅前という立地が良かったのと、設計に入る前に市民がワークショップに参加して設計者の平田晃久さんたちとワイワイガヤガヤ、これが良かった。みんなの意見と平田さんの主張が組み合わされた。

なかでも、ものづくりに携わる若手の経営者集団「エーアイラボオオタ」が照明や家具、什器[じゅうき]を造った。ワークショップから新たなものづくり集団ができたのはすごいこと、だと思う。建築雑誌だけではなく、多くの雑誌に取り上げられて太田市がいくらか、いや、かなりかな? 有名になった。

さて、大変なのはこれから。アートがまちの中に染み出していく拠点に(スパイラルのチーフプランナー・守屋慎一郎さんの言葉)しなければいけない。軽快なステップで2年目を踏み出すことにする。

太田市美術館・図書館

「ものづくりはすごいけど、教育とか文化芸術はねぇ・・」

市役所で開かれている ロビーコンサート

こんなことを言われていた。後ろの部分が悔しい。市役所の1階は歩道と広場。広場でコンサートが開ければ、と庁舎設計した。ピアノは商工会議所から寄贈され、演奏は希望者なら誰でも。「ロビーコンサート」は500回を超えた。いつもお客さまはいっぱいだ。運営は太田市大好き人間の「石井さん」を中心にボランティアでやってもらっている。

おおた芸術学校は小中高生、750人の芸術集団だ。ジュネス・松ぼっくり・コールエンジェル3部門の発表会があったがレベルは年々高くなっている。昨年は静岡県浜松市で交流演奏をしたが、評価は高い。今年は神奈川県海老名市に行く。製造品出荷額は全国位になった「そういえば、教育とか文化芸術はねぇ」という話も聞かなくなった。